わこうプレーパーク(2015.7)開催報告


7月19、20日に和光樹林公園で  わこうプレーパークを開催しました。
市内外から、のべ280名以上の参加があり、無事に終了いたしました。

 

 


今回は(株)新倉造園土木さんにご提供いただいた竹を使って、プレーリーダーに教わりながらパパ達がこんな遊具を作りました。
完成後は皆で乗り安全確認。パパ達の少年のような笑顔が印象的でした。


当日は快晴・・・と言うより猛暑。大人からしたら、「こんなに暑いのに火なんて・・」という感じですが、七輪コーナーではいつも誰かしらが一生懸命何かを焼いていました。
落ちていた木の実と葉っぱをただひたすらグツグツ煮てみる。


表面がボコボコした板を見つけた!

そりゃーやりたくなっちゃうね、洗濯あそび。着ていた泥んこ服をゴシゴシやってみました。意外にもきれいになっていました。


こまめに声を掛け合って水分補給。
そして、水遊びも熱中症予防に一役買いました。
異年齢の子ども(そして大人も!)が、バシャバシャ・ドロドロ・グチャグチャと大胆に楽しんでいました。


今回のわこうプレーパークは二人のプレーリーダー(どっくん、のんちゃん)が来てくれました。
プレーリーダーは、子どもたちにただ遊びを教え先導してくれるお兄さんお姉さんではありません。
遊びや遊ぶ環境などの専門的な知識を持ち、子どもの「やりたい!」に寄り添ってくれる重要な存在です。
子どもたちの遊びに細やかに目を配っていて、必要なときにそっと手を差し伸べてくれます。

楽しかった二日間も終わり。

大人も子どもも名残惜しい気持ちはありましたが片付けです。
今回も参加されたたくさんの方が一緒に片づけをしてくださいました。ありがとうございました。

 

次回は8月20、21日に総合児童センターグラウンドでの開催を予定しています。

関連する記事

「お出かけ」月別記事

  • 埼玉県救急医療情報センター
  • 家庭訪問型子育て支援ホームスタート
  • みんなのレシピ
  • 子育て仲間につながろう
  • Books&Goods
  • メルマガ登録してね
  • 困った時の連絡先

Copyright©NPO法人わこう子育てネットワーク All Rights Reserved.
本サイトの携帯対応・メール配信は2009年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成対象事業です。