【STAFF BLOG】妊活のすすめ

二ヶ月前、我が家に第二子が生まれました♪
長いこと不妊治療を受けていた私にとっては待望の次男誕生です。
長男とは八歳差の久しぶりの赤ちゃん、オムツや授乳、お風呂の入れ方などすっかり忘れていて初めはバタバタしましたが、少しずつ思い出してどうにか楽しくやっています。
最近は、ニコニコしたり声を発したりするようになり、家族みんな癒されています。

もともと妊娠しづらい体質だった私は、結婚してすぐに不妊治療専門のクリニックに通いはじめ、二年後に長男を授かりました。その後通院を中断し、三年前に再開。年齢的にもそろそろ諦めなければいけないかと思っていた矢先の、私たち夫婦にとっては奇跡のような妊娠でした。
最近「妊活」という言葉を良く耳にしますが、妊活=不妊治療という訳ではなく、妊娠しやすい体づくりを全般的にそう呼ぶのだそうです。
私も、ウォーキングや足湯、健康食品の摂取などにより、悩みのたねだった冷え性が改善してきたなぁ…と思いはじめた頃、次男を授かりました。
明らかな原因が無くても、年齢が上がるだけで卵子が老化して妊娠しづらくなります。そのことをもっと早く知っていれば、もっと若いうちに病院に行っていれば…と、どれだけ後悔したかわかりません。
子どもを産むか産まないか、また何人産むかなどはそれぞれの夫婦が決めることであって、考え方も様々です。
でも、もしいずれ赤ちゃんを産みたいと思っているならば、出来るだけ早く一歳でも若いうちからそのための体づくりをして欲しいです。月経不順などの症状がある方は、早めに病院へ行くことをおすすめします。
そして、これは女性だけの問題ではないこと、むしろ男性にこそ知って欲しいと強く思います。

By.朝顔

  • 埼玉県救急医療情報センター
  • 家庭訪問型子育て支援ホームスタート
  • みんなのレシピ
  • 子育て仲間につながろう
  • Books&Goods
  • メルマガ登録してね
  • 困った時の連絡先

Copyright©NPO法人わこう子育てネットワーク All Rights Reserved.
本サイトの携帯対応・メール配信は2009年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成対象事業です。