【STAFF BLOG】我が家のバイブル?

学校が始まり、お正月ボケしていた頭と体がようやく普段通りに戻ってきました。皆さまいかがお過ごしですか?

前回のひらりんさんのスタッフブログを読んでいたら、私も叶えたいことを挙げてみたくなりました。

北海道旅行に行きたい、趣味の時間を増やしたい、広いキッチンが欲しい、寝かしつけで一緒に寝てしまわないようにしたい、綺麗な肌になりたい、上の子に優しい声かけをしたい、下の子にもっと丁寧にかかわりたい   などなど。

切実なものやすぐにでもできそうなものもありますわね。おほほ

そんな中でも、意識してやらなくてはと思っていることは『子ども達をガミガミ叱らないようにしたい』です。反抗的な発言や乱暴な行動が増えてきた小一男子と、語彙力がついてきて一人前のことを言うようになってきた三歳女子。これも成長の証とは思うものの、自分に余裕がないとやはり穏やかに接することが難しいこともあります。母も修行が必要です。

こんな我が家にとても助けになっている本があります。

『心を育てるこども仏教塾 ブッダがせんせい』(著:宮下真、出版:永岡書店)です。

うちではよく、これを寝る前の布団の中で読み聞かせます。私自身、特に信仰する宗教はないのですが、おそらく少しは身に染み付いているだろう仏教のおしゃかさまのお力を借りています。仏教の本なのに、ブログタイトルにバイブルなんて書いちゃいました。

細かいことを書くと墓穴を掘ってしまいそうなので控えますが、この本ではブッダのことばを可愛いイラストと共に子ども達にわかりやすい言い回しで紹介しています。勉強や遊びのこと、友達や家族のことなどいくつかの章にわけて、わかりやすい解説もついています。

息子は一人で本を読めますが、内容をじっくり考えて欲しいと思い敢えて読み聞かせています。娘はだいたいのことしかわかっていないようですが、息子にはだいぶ響いているようです。時折、「ぎくっ!」とか「どきっ!」とか言いながら真剣に聴いています。同じことを私も言っているはずなのにおかしいなー・・・ブッダパワーか?親に直接言われているのではないから、素直に聴き入れるのかもしれません。

子どもにと思って購入した本ですが、実はこの本、読んでいる私の心にも大きく響いています。ガミガミ言ってしまった日でも、これを読んでいると、親子共に少々反省し、そして仲良く穏やかに一日を終えることができます。

最後にこの本から一部抜粋して内容ご紹介します。

  • もし、わるいことをしてしまったら そのなんばいも、いいことをしよう
  • やさしく、正しいことばで話すようにしよう。そうすれば、友だちをかなしくさせたり、自分がつらくなったりすることもないよ
  • 心がきれいな人に、なれるかなれないかは、ぜんぶ自分しだいなんだ

 

by. こぐたん

  • 埼玉県救急医療情報センター
  • 家庭訪問型子育て支援ホームスタート
  • みんなのレシピ
  • 子育て仲間につながろう
  • Books&Goods
  • メルマガ登録してね
  • 困った時の連絡先

Copyright©NPO法人わこう子育てネットワーク All Rights Reserved.
本サイトの携帯対応・メール配信は2009年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成対象事業です。