ぶらり子育てサロン やりました

3月11日(日)もくれんハウスで『ぶらり子育てサロン~外遊びについて話そう~』を開催しました。

久々に晴れ気持ちの良い1日でした。参加された皆さんありがとうございました。
東日本大震災からちょうど1年のこの日に開催したこともあり、震災直後の出来事や不安な気持ちも振り返りつつ、子どもの外遊びについて、
・自分が子どもの頃していた遊び
・今、子ども達がしている遊び
・子ども達としたい遊び
この3点を頭に入れながら、ざっくばらんに話しました。

ご出身は皆、和光市ではなく比較的自然に恵まれた土地で育った方が多かったように思います。
田んぼや川で虫や草花をとり、それを潰して団子やジュースに見立てたり、食べたり。近所のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に、自分たちのルールを作って鬼ごっこやゴム段をしたり。自分だけの(実は丸見えの)秘密基地を作った方は多数!そして大人に怒られたり、友達と喧嘩して悔しい思いをして帰ったなどという苦いけれど大切な思い出も。「あー、それやったやった」とか「へぇ、それは面白そう!」などと楽しく思い出しました。

そして、今の子どもがどんなことをして遊んでいるか。試行錯誤し、時間をかけてゆっくり遊ぶことが少なくなったとか、遊んで良いとされている公園のみで遊んでいるとか、外にいるのにゲームやカードで遊んでいるなどなど。時間・場所・治安など色々な制限の中、既製のもので遊んでいることが多い印象だということでした。これが子ども達の思い出の遊びになるのでしょうか・・・。

最後は子ども達としたい遊びについて。世代関係なく大勢で遊べるもの、火・土・水など可変性のある遊び、チャレンジ精神をくすぐる遊びなど具体的な遊びを挙げながら、話している自分達がわくわくするような遊びで盛り上がりました。

皆さんが子どもの頃していた遊びは何ですか?
子どもにとっては、ふるさとになる和光。大人になったとき思い浮かべる遊びは何でしょうね。

今回のサロンで出たアイディアを参考に、遊びの場が提供できる企画を考えています。
日程は4月14日(土)。詳細は後日ご連絡しますね~

関連する記事

「育児」月別記事

  • 埼玉県救急医療情報センター
  • 家庭訪問型子育て支援ホームスタート
  • みんなのレシピ
  • 子育て仲間につながろう
  • Books&Goods
  • メルマガ登録してね
  • 困った時の連絡先

Copyright©NPO法人わこう子育てネットワーク All Rights Reserved.
本サイトの携帯対応・メール配信は2009年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成対象事業です。