たくさんの人が繋がって、思いもどんどん広がった「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会を開催して

   2011mitsubachi1福島原発の爆発事故から2カ月経った頃。「どうしてこんな事故が起きてしまったのか?」という強い思いから、原発関連の本やネットを調べ、映画館に足を運んでいました。そんな中で出合った映画が、鎌仲ひとみ監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」というドキュメンタリー作品。当時、僕に限らず多くの人たちが、同じような行動をとっていたのではないかと思います。

 そして、この映画で訴えかけている「欲しいのは原発による見せかけの豊かさじゃない。自然の恵みを、あたり前の

mitsubachi2生活なのだ」というメッセージに、えらく共感しました。見えない放射線におびえ、外遊びも自由にできなくなった3.11後だからこそよけいでした。その時たまたま手にしたチラシの裏に、「自主上映会をしてみませんか?」の一文が目にとまり、気づくと、7月10日の上映会に向けて突っ走っていたのです。

 でも「何とかしなきゃ!」という思いは、きっと、みな共通だったのでしょう。パパ組の仲間やわこネットのスタッフ、子羊幼稚園の保護者、地域のパパやママなどたくさんの人たちに、その輪は広がっていきました。上映に向けて毎週30名以上の人たちがミーティングをとり、チラシやチケットを配布し、準備に汗を流しました。初めての経験は、たくさんの人々の思いと行動と協力によって、実現されました。来場したお客さんたちも、「よくぞ和光で上映してくれた!」と声をかけてくれました。

 上映会は、企画した人、観た人たちに、さまざまな変化を与えてくれました、「地域のみんなが繋がれば、思いは伝わるんだ」という経験もその一つだと思います。震災や福島の事故の状況はさほど変わってはいないはずなのに、時が経つにつれ、記憶や危機感は、確実に薄れていきます。これからの和光市も日本も、人まかせではなく、「自分たちが繋がって、価値観も行動も変えていかなくちゃ」そう思う今日この頃です。

パパ組 山下謙介

  • 埼玉県救急医療情報センター
  • 家庭訪問型子育て支援ホームスタート
  • みんなのレシピ
  • 子育て仲間につながろう
  • Books&Goods
  • メルマガ登録してね
  • 困った時の連絡先

Copyright©NPO法人わこう子育てネットワーク All Rights Reserved.
本サイトの携帯対応・メール配信は2009年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成対象事業です。