【STAFF BLOG】懐かしく思う田舎?和光と、楽しい我が家

和光に住み移って7年くらいたちます。
住み移った頃は、働いていたので和光といっても寝に帰るだけ…でした。
子どもができて、和光の町に目が向くようになってから、
知らない町に住んでいる孤独と不便を感じたりしました。
でも、こどもと日々過ごす中で、歩いたり、自転車に乗ったり、
季節ごとに、家族で過ごす和光を重ねるたびに少しずつ開拓していたのですね。
今では、コンパクトで、住みやすい良い街だなぁって思うようになりました。
∞春は、樹林公園の桜、
荒川沿いの桜並木がきれいな事を知りました。
☆夏には、
せせらぎ公園で水あそび、
越戸川で魚がいて子どもとジャブジャブ入りました。魚もいました。
彩夏祭花火はみごとです。
◇秋には、
熊野神社の大きなイチョウの木
熊野神社の探検は、大人の私でもわくわくドキドキ子どもと一緒に楽しめました。
湧水も流れていて、ドングリも沢山落ちていて。
近くにコロッケの美味しい店と、魚屋さんもあります。
○冬には、
新倉ふるさと民家園に行って、いろりで焼き芋させていただいたり、
昔遊びで、からだがホカホカしたり、縁側の日なたで、おはじきしたり。
四季を通じて気がつけば、我が家の定番の散歩コースです。
毎年同じ時期に、遊びに行っています。5年日記をつけていると行動パターンがわかるんです(笑)
でも、先日、箱根まで久々の家族旅行に行ってきました。
温泉に♪、おいしいご飯に♪広い和室に宿泊♪
箱根は、すごしやすくとても楽しかった。良いところでした。楽しかった?(^v^)
そして、
箱根→ロマンスカー→新宿→池袋→和光市
に帰って来た時。
『あー懐かしい。和光に帰って来た?っ♪』て思ったんです!!
たった、2泊3日だったのに、家に着いた時には、ホッとしました。
子どもたちも、家にある自分のオモチャが久々に感じたのかな?夢中で遊んでいました。
子どもと住むには、手狭な我が家ですが、久々の我が家は、やっぱりいい。
いつの間にか、ここがふるさとなのかな?って思いました。
いや、でも、もうちょっと広い家に引っ越したいなって思ったりしますけどねー。
箱根また行きたいな?
ペンネーム:ino
  • 埼玉県救急医療情報センター
  • 家庭訪問型子育て支援ホームスタート
  • みんなのレシピ
  • 子育て仲間につながろう
  • Books&Goods
  • メルマガ登録してね
  • 困った時の連絡先

Copyright©NPO法人わこう子育てネットワーク All Rights Reserved.
本サイトの携帯対応・メール配信は2009年度 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成対象事業です。